完全確率

完全確率とは

完全確率

毎ゲーム決まった確率で抽選がされます。現在のゲーム数や、これまでの大当たり確率、大当たり回数、小役確率、前日のデータ等は一切参照されません。したがって、現在0ゲームの台と1000G回っている台とでも、その後100G間に当たる確率は同じです。「ハマり台が当たりやすい」と感じるのは数学の世界で言えば間違いです。

 

確率は収束する??

厳密に言えば収束することはありえません。収束とは、「ぴったりその数値におさまること」です。そしてそれはパチスロの世界ではありえないことです。
例えば、大当たり確率1/100の機種があります。現在の大当たり確率が1/199.9の場合、収束するためには1より小さい数字の当たりが必要です。1/300の場合はマイナスのゲーム数が必要です。1より小さいゲーム数など存在しませんので、「収束」という言葉は誤りです。
そういう意味で「収束」と言っているのではないことはわかりますが、「大当たり確率が近似値に収まる」というのことならば、どこまで近似値とみなすかが問題となります。1/100に対して1/110なら近似値なのか、1/200でも近似値なのか。抽選確率に対して何%の誤差なら近似値と言えるのかは私含め素人には難しい問題だと思います。

 

「収束」という言葉の意味を「近似値に収まる」とするなら、サンプルは何万ゲーム必要なのでしょうか。パチスロに詳しくなったり長く打っている人はこういう話をよく聞くと思いますが、私は納得する答えを見たことがありません。「抽選確率と出現確率は違う」という言葉が印象に残ってます。個人的には「今のパチスロは運だろ」とだけ思っています。

 

そもそも完全確率である以上、1000ゲームはまった後でも、1G連した後でも抽選確率は一緒ですからね。1000ゲームはまったから次は早く当たるかもしれない、1G連したから次ははまるかもしれない、と思いがちですが理論上は全く関係ありません。

 

 

いろいろ書きましたが、結局難しいことを考えると面白くなくなるので、たとえ「確率は収束する」がオカルトでもそれを楽しみながら私は打っています。オカルトを気にしながら打つパチスロってすごく楽しいんです。そのオカルトで勝ったときは最高に気分がいいですよね。